« 演奏しますよ | トップページ | 演奏するのです »

2005/08/07

深夜のミミズは何処へ向かっていたのか?

近所に石神井川が流れている。
川の両岸には延々数キロにわたって桜の木が植えられていて、春がきれいなのはもちろんだけれど、夏の暑いこの時期には木陰になって、心地よい散歩コースになってくれる。

先日、深夜に散歩をした。
川沿いの遊歩道を歩くのは少々怖かったので(暗いから)、川と平行に走っている比較的明るい通りを歩いた。ちょうど川と通りが一番近づくあたりにさしかかった。あいだにはちょっとした公園があって、早朝は太極拳をやっている人がいる。深夜だからもちろん今はいない。

明らかに何かを踏んで歩いていた、しかもとても柔らかい感触だった。
街灯に照らされた歩道に目をやった瞬間寒気がした。
すごい数のミミズだった。。。
20センチもありそうな大きなミミズたちはまだ濡れていてテカテカしていた。
後ろを振り向くと、おそらくすでに相当数を踏んだと思われた。
ミミズは川の方から公園を越えてここまで来ているようで、なぜか皆同じ方向に進んでいた。
昔、理科でならった走光性とか走化性という言葉を思い出した。光とか化学物質に誘われて移動しているのか?通りの反対側を見ると、大日本インキの工場があった。インク?あっ!それとも交尾か?特定の晩に特定の場所に集合して交尾が行われるのは魚ではよくあることだ。でもそもそもミミズって交尾するのか?
あー、そんなことはどうでもいい。一刻も早くこのミミズ地帯を抜け出したい、がやみくもに走ってこれ以上踏むのはいやだ、しかし踏まないためには地面を見ながら歩かなければならない、がこんなすごい数のテカテカしたミミズは見たくない。。。

翌日現場に行ってみたらひからびてペシャンコになったミミズがたくさんいた。
結局、何がミミズをそうさせていたのか、僕は知らないのでこの話にはまるでオチは無いのだが、本当に不思議だ。
深夜のミミズは何処へ向かっていたのだろうか?

|

« 演奏しますよ | トップページ | 演奏するのです »

コメント

管理者様へ。新しく書いたブログの内容を告知させて頂くサイトを立ち上げました。宜しければ、ブログ更新の際に是非当サイトをご活用下さい。尚、ご興味無いようであれば、お手数ですがコメント削除の程、宜しくお願い致します。

投稿: BC7管理人 | 2005/08/12 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深夜のミミズは何処へ向かっていたのか?:

« 演奏しますよ | トップページ | 演奏するのです »