« ルーシーとカスタネッツによるツーマンツアーについて書くのを忘れてた | トップページ | ここ数日などなど »

2005/09/06

毛繕い

アロハはネコとヒトを分け隔てすることなく毛繕いをしてくれる。
そればかりか頭髪と髭の区別もないようだ。自分に区別が無いのだから当然か。

KIF_04880
写真左アロハ

毛繕いはたいてい僕が寝ている時、おもむろに始まる。
ペチョペチョペチョ、たまにむせてくしゃみをしたりする。
それが、世話を焼いてくれているのかはたまた何かのお礼なのかは解らない。
あまり熱心にやってもらうと唾だらけになるのでいちいち洗髪しなければならず面倒なのだが、なかなか断るタイミングが難しい。
せっかくやってくれているし、彼女の好意を無下に断るのも何だか悪い気がするのでしばらくやってもらう。

彼女にはまんべんなくやるというアイデアは無いらしく、
同じ箇所を延々とやってくれる。
どんどん気合いが乗ってきて、終いにはザラザラした猫舌が頭皮に痛い。
だが彼女は止めない。
そういう時は毛繕いが上手なのを十分に誉め、
丁寧にお礼を言って、丁重にお断りをする。

|

« ルーシーとカスタネッツによるツーマンツアーについて書くのを忘れてた | トップページ | ここ数日などなど »

コメント

はじめまして。
猫ちゃんがあまりに可愛くて、コメントさせて頂きました。
私の周りの音楽人は、猫を飼っている方が多い気がします・・・
私も飼っています。 疲れて帰ってくると、玄関にちょこんと座っている可愛い奴です。
また覗きにきますね(^^)

投稿: | 2005/09/06 12:27

はじめまして。コメントありがとうございます!
うちのかわいいですか?かわいいでしょ?かわいいんです!
ネコバカですみません。
僕の周りでも猫を飼ってるミュージシャンは多いですよ。
帰ってきたら玄関にちょこんと。かわいいですね〜。
うちのは、僕が帰ってくると、奥から寝ぼけまなこでふらふら出てきます。
では、では。

投稿: ちがさき | 2005/09/06 13:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毛繕い:

« ルーシーとカスタネッツによるツーマンツアーについて書くのを忘れてた | トップページ | ここ数日などなど »