« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/26

ネコとベースのケース

先日プレクトラムでレコーデイングしていた時のこと。
ドラム録りも無事終わり、さあ片付けとあいなり。
外には次にスタジオを使うバンドさんが待ち構えてる。
こりゃいそがにゃ、恐いお兄さん達だったら大変だもんね、
ってんで大急ぎで片付け。
まかりなりにもレコーデイングだからパソコンやらたくさんのマイクやら
巨大なアナログミキサーまで持ち込んでるから機材も尋常な量ではないのです。
片した順に手渡しでエレベーターに積み込み、順次下ろしていく。
ほいっ、たいちゃん、このベースもよろしく!
さ、終わった終わった。

ありゃ?エレベーターの横にベースがおきっぱなしになってる。
なんだよ、たいちゃん〜頼むよ〜、なんて言ってたら横から、
それ僕のです。。。
す、すいません!
全然知らない人のケースだった。

しっかし見れば見るほど似てますわ。
同じケースであるのはもちろんなんだけど、
まず、下のポケットが完全にはずれて付いてないでしょ、
でもって、さらに上のポケットは底が破けてる。
壊れ方まで全く同じですね〜。
弱いとこって決まってるから同じように壊れるんですね〜。
なんつってうちとけてしまった。

でもなんだか不自然なところまで似てるのに気付いた。
僕のケースはアロハとマハロが爪研ぎにも使用してるので、
ケースの横がぼろぼろに毛羽立っているのよ。
うわっ、こ、こ、この人のケースも同じ部分が、毛羽立ってる〜!!!

ね、ね、ねこ飼ってますか?

飼ってます。。。

この部分で爪研いでますか?

研いでます。。。


なんてことがこないだありました。
よっぽど爪研ぎに向いてるケースなんだね。
すばらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/23

演奏したですよ

今日発売です。

takaki

堀込高樹「Home Ground」
4曲目「パレードはなぜ急ぐ」と6曲目「涙のマネーロンダリング」で演奏してます。
いちリスナーとして聞きまくってます。
すんばらしい作品です。
楽曲の良さはもちろんですが、歌詞がとても楽しい!
3曲目「クレゾールの魔法」なんてほとんどミュージカル。映像が浮かびます。
「涙のマネーロンダリング」はキリンジ「メスとコスメ」的ラヴソング。
乾と湿、暖かさと冷ややかさを合わせ持った情緒たっぷりの楽曲達に
いろんなルーツミュージックが見え隠れする芳醇なアレンジ。
兄ちゃん、すごいっす。
あ、ライナーノートの写真もかな〜り笑えるよ。
来月にはレコ発ライブがあります。
とても楽しみです。


そいから

nona

Nona Reevesのニューシングル「ラヴ・アライヴ」
タイトル曲「ラヴ・アライヴ」とカップリングの「クリスマス・タイム」で演奏してます。
2曲ともすごい密度のポップソングです。
タイトル曲は宇多丸さんと郷ちゃんのラップがポンポン飛び出してきます。ファルセットのラップって初めて聞いた気がする。
矢野さんのプロデュースがすばらしいです。
「クリスマス・タイム」は鈴あり子供ありのこれぞクリスマスソング。
ファンキーかつメロウ。
Nonaも来月には恒例のクリスマスライブがあるので、
ライブで演奏するのが今から楽しみ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/21

昨日はプレライブ

昨日はプレクトラム。
なかなか良いライブだった。
ような気がする。
ホントのところどうなのかは自分じゃ解らないけど。
こっちは夢中でやってるだけだからね。
でも演奏してて楽しかったし気合いも乗った。
メンバーの表情もとてもよく見えた。
BB2000も良い感じだった。


ところで、近所によく行くもの凄〜く旨い蕎麦屋があるのだけど、
そこのおやじさんは結構な音楽好きで、
その昔アメリカに留学中、
生のボブ・マーリーやドゥービー、オールマンなんかのライブを見てたらしい。
ずいぶんハイカラなおやじさんだね。
そば以外の肴もとても丁寧な作りで、
なんかただもんじゃないなとは思っていたけど。
そういえば店内の内装なんかも趣味がいい。
別に内装までハイカラというわけではなくて、
落ち着いた色合いとか照明の位置なんかがいちいちさりげなく良いのです。
しゃれてんだけど敷居が低い感じ。
何にせよあんばいが良いんですね、多分。

そんな美味しいそばを打つおやじさんなのだけど、
最近ワシにあだ名を付けてくれたようなのです。

「よおっ!、スティング!」だって。
ベース持ってるってだけで、スティングって。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/17

BB2000その後

YAMAHA BB2000が修理から無事帰還。
よかったよかった。

指板の暴れを修正し、フレットも好みのものに打ち直し。
傷だらけのボディーは相変わらずだけど、
音のぶれた感じがなくなって、ずいぶんタイトな印象になった。
ピッチも安定したし、しばらくいろんな場面で試しに使ってみようと思う。
楽しみ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/12

森山良子さん

チャコちゃんがドラムを叩いている森山良子さんのコンサートを見に行ってきた。
ベースはあの、あの納浩一さん。

素晴らしいコンサートだった。
編成も鍵盤、太鼓、ベース、ギターの最小編成。

音楽監督も兼任している納さんによるアレンジもとても素晴らしかった。
ジャズをベースに、とても自由度が高く、
緊張と弛緩のバランスが非常にスリリングで素晴らしい演奏だった。
60年代後半にリリースしたという曲達もとてもかっこよく新鮮に蘇っていた。

しかしなにより、森山さんが驚きだった。
声の張り、体のきれ(ダンスがかわいかった)、とにかくすごかった。
MCも楽しかった。
こんなすごいおばちゃんがいるのか〜、と。

とりわけ出色だったのが、ほぼ歌とコントラバスだけの曲、
これはもうほんと凄すぎて言葉を失いました。
あと、第二部はなんとチャコちゃんのドラムソロからの幕開け。
すばらしかったです!

終演後、楽屋で納さんとすこしお話しができて嬉しかった。
でもたぶんワシ緊張でガチガチだったなぁ。
頑張ろうっと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/09

演奏しますよ

11/20(日)
PLECTRUM
"FOREVER GREEN"
下北沢 CLUB QUE     開場/開演18:30/19:00
with BANK$、creamstock、WONDERS

アッキーはBANK$と2ステージ! イェイ!

11/26(土)
Advantage Lucy
"胸キュン★アルペジオ vol.2 〜福村貴行君の三回忌〜"
下北沢 CLUB QUE     開場/開演18:30/19:00
with vasallo crab75、Three Berry Icecream

福ちゃんゆかりの3バンド。
きっと楽しいイベントになるでしょう♪

12/10(土)
堀込高樹
”堀込高樹First Solo Live〜Home Ground〜”
東京・品川 Stellar Ball    開場/開演17:00/18:00
サポートメンバー
椎野恭一/Dr 田村玄一/Pedal steel /Gt 
伊藤隆博/KEYBOARDS&Piano 中森泰弘/Vo,Gt
真城めぐみ/Vo 飯田希和/Vo 松谷麗王/Vo
とワタクシ、ちがベース

なんと、なんとワクワクする素晴らしメンバー♪
楽しみ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

たぁ〜だ〜いまぁ〜

ルーシーのツアー終了〜。
プレクトラムの神戸から始まったので一週間近い旅になった。
帰り着いてさっそくアロハにお疲れの毛繕いをしてもらってほっと一息。

ルーシー4年ぶりのツアー、最高でした。

今になってみれば面白い、
けれどその時は大わらわなハプニングもいろいろあった。
だけど名古屋も大阪もとてもいいライブだった。
1曲だけだったけど数年ぶりに吹いたトロンボーンもとても楽しめたし。

とにもかくにもお客さん達ととっても楽しい2時間半を過ごせたと思う。
もうそれだけで最高のツアーだ。


ところで、それにしても今回のツアーも、
プレクトラム、アッキーお母さんの絶品たらふく手料理に始まり、
名古屋に移動し、味仙、
大阪では串かつにとり料理、
帰りの道すがらに京都のおめん、
と一週間まさに食い倒れ状態でありました。

めでたし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

シンプルって良いなぁ

ABBox

これA/B Box、ラインセレクター。
楽器を二本つないで切り替えたり、
一本の楽器からふたつの出力を切り替えたりできる
大変便利グッズ。
ヒックスビル中森さんの友人の方に作っていただいた。
使い勝手と音質重視の手作りオリジナル。
愛用になること間違いなしです。

それにしても見れば見るほど良いなぁ、
ついつい手にとって眺め入ってしまうのです。
このなんとも愛想のないデザインがたまらない。
機能を追求した結果、研ぎ澄まされたデザイン!
なんつって。

でもこれ電車の中とかで出して見入ってたら、ちょっとヤバイよね。
ぱっとみ、爆弾かと思うひといそうだな、たぶん。
でも爆弾だとしたら、スイッチ自分で押さなきゃいけないから自爆だ。
あ〜こわいこわい。
よかったラインセレクターで。
ほっ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »