« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/30

あ、そうそう

石神井川は何キロにもわたって両岸に桜が植えてある。
近所の橋の上はちょっとした名所らしく、
この時期、ひとだかりで通れないほどになる。
毎年そこから写真は撮ってみるのだが、
やはり去年の写真とちっとも変わらないなぁ、
などと思いきや、枝振りなどが微妙に違ってたりするので面白い。
Sakura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/29

さんかけさんつあー

ノーナの3×3ツアー 、今週末は大阪、福岡。
明日大阪に向けて出発です。
お近くの方は是非♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/22

アロハまどろむ

pasoalo

パソコンのハードディスクって暖かいのね。
うん、中身がもの凄い早さでぐるぐる回ってるから
熱も出るわな。
暖かいところが大好きな猫にとっては
たまらない場所なわけです。
黙って何時間もHD鎮座してることもあれば、
食後の優雅なひとときをHDの上で楽しんでる時もある。

こりゃハードディスクにとってどうなんだ〜?
と、普通思う。
そりゃ、良いわけないだろうというくらいの思いは馳せます。
が、気持ち良さそうなアロハの顔を見てると、
まぁ、いっか。
と思う。

猫と住んでると、
何故か物への執着が薄れてくる。
あきらめに近いんだけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/17

ツアー初日

ノーナの3×3 TOURが始まりました。
レコ発ということもあって新曲が目白押し。
ワクワクしつつも緊張感があるライブでした。
郷ちゃんの鼻が痒くなる事件も緊張をほぐしてくれました。
ここから来月の渋谷クワトロまで、大阪、福岡、金沢とまわります。
とても楽しみです。


あと、急遽ですが、
来月4/8新宿MARZ(今日と一緒だ)にて
the primroseで演奏します。
the primroseはいつまでも若々しい松井敬治さんのバンド。
松井さんは初期のルーシーでベースを弾いていたり、
福ちゃんのvasallo crab 75をプロデュースしていたりと、
何かと縁がある大先輩。
初めてなもんでどうなるかわからないけどとても楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/16

本日

新宿MARZ にてNona Reeves 3×3 TOURの初日でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/13

今日は

代々木Zher the ZOOでRound Tableのライブです。

ところであいかわらずマハロがタオルやシーツ、枕カバーなどまで
好き嫌いなく食べてしまって困ってます。
布ものを食べ過ぎてしまったあとは決まって気持ち悪くなるようです。
先日も、美味しいはずのカリカリを食べるのが異常に遅く、
いつもだったらあっという間に食べてしまうのに、
「いらない」という仕草をするのです。(カリカリを前足で遠ざける)
何かおかしいなと思っていたら、案の定、布ものを食べてしまっていたようで、
その後、絨毯の上で派手にゲーゲーやってくれました。
吐いたあとはケロッとしてて、なんともいやはや。

彼の届く所に食べそうな物は置かないように気をつけてはいるのだけれど、
なんとかならんもんかなぁ、ほんとに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/07

おとつい

久々のルーシーのライブが無事?終了しました。
今年初ということもあってかちょっと堅さもあったけれど、
ごきげんなハックルベリー・フィンのおかげでとても楽しいイベントでした。

個人的に最近試しているボリュームペダルも
だいぶ楽しく使えるようになってきました。
ボリュームペダルはずっと演奏で使いたくて
10年近く前に買ったものがあったのだけれど、
市販の物はやはり音痩せがひどくて躊躇してたのです。
で、ついに先日、知人に大改造を施してもらった結果、
大変ありがたいボリュームペダルに変貌したので
さっそくいい気になって、
曲中でボリュームペダルを踏み踏みしているのですが、
あまりやりすぎると鬱陶しいことになってしまうので
気をつけるようにしないとね。


今日からノーナの3x3ツアーのリハが始まります。
いよいよライブで新曲達を演奏できるのでとても楽しみです。
今回は久々に福岡や金沢にも行くので、
どうか旨いもの達にたくさん出会えますように!


あと、3/13は再び代々木Zher the ZOOでRound Tableのライブです。


では、では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »