« アートな街とはどんな所か(韓国にて、その1) | トップページ | 肉か米か(韓国にて、その3) »

2006/05/02

全州への道のり(韓国にて、その2)

ソウル市内を車で走ればすぐに気が付くことなのだが、
自転車がほとんど見あたらない。
理由はいろいろあるだろう。
あくまで僕の予想だけれど、
まず、坂がとても多い。
あと、タクシーやバス、地下鉄などの運賃がとても安い。

そして、個人的にはこれが最大の理由に思えてしまうのだが、
車が多い上にみな運転が結構荒いのだ。
車線や制限速度は非常に曖昧な存在だ。
そんなところで、のんきに自転車をこいでいたらとても危険だ。
タクシーの横をバスが陽気にぶっ飛ばしていく。
川と平行して走る直線の高速道路沿いに
「川へ落下注意」の看板がある。どうやったら落ちるんだ?!

我が一行のドライバー、ユソン(その1参照)は
ジョークで自分の運転のことをフリースタイルドライビングと呼ぶ。
あまり冗談にならないような気もするが、、、
フリースタイルがモットーの彼女は写真を撮る時も
「チーズ!」みたいなことは絶対言わない。
いつのまにかシャッターを押してる。


そんなユソンの運転を信じて、
3日目、国際映画祭が開催される全州という都市へ向かった。

ソウルから高速道路でおよそ3時間の行程。
ソウル近郊は今、もの凄い建設ラッシュで、
超巨大マンション群がいくつも高速道路から見える。
人口の急激な集中にあわせて急速にベッドタウンが造られているようだ。
我ら一行が泊めてもらったユソン宅も
古〜い町並みと最新ハイテクマンションが混在する
まさに再開発真っ只中の街にあった。


そんな景色も1時間もすれば終わる。
あとはのどかな田園風景が続く。

途中、パーキングエリアでひと休み。
韓国版UFOキャチャーみたいなのがあった。
みなでやったのだが、、、
取れたはずなのに落ちてこない。
ステキ(その1参照)が得意の日本語でひと言、
「このサギやろう〜」


全州は韓国の穀倉地帯と呼ばれていて、
ビビンパ(プ)発祥の地、(ちなみに{プ}はかすかに発音される)
韓国の人に尋ねるとみな口をそろえて
「あそこの食い物は旨いよ」と言う。
そんな言葉を聞かされたら期待は膨らむばかりだ。

さて、全州はもうすぐ。


|

« アートな街とはどんな所か(韓国にて、その1) | トップページ | 肉か米か(韓国にて、その3) »

コメント

どうも。5日のプレクトラムのライヴ後に、少しお話した者です。

韓国日記、楽しく読ませていただきました!
ステキさんの「サギやろう~」には笑いました。
私も一度だけ韓国に行ったことがありますが、確かに運転は荒かったような気がします。
なんだか、街も人も割と、せかせかしている感じがしましたね。
あと、ビビンパ(プ)は、美味しかったのですが、焼肉は日本のが美味しかったな(笑)。千ヶ崎さんは、焼肉は食べました?
空中キャンプにも行ってみたいし、また韓国行きたいな。

5日のプレクトラム、とっても楽しかったです!
キッチョンが抜けて寂しかったけど、千ヶ崎さんが弾いてくれて良かった。千ヶ崎さんだったから、私、すんなり受け入れられたのだと思います。ありがとう!

次は、ノーナ@チェルシーホテルで、お会いしましょう!

最後に、遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!!!

ではまた。

投稿: たっきー | 2006/05/07 03:02

たっきーさん、どうもです〜。

たぶん韓国の人たちはパワフルかつマイペースなんだと思います。ほんと楽しいところです。

魚は日本のが美味しいかなと思ったんだけど、韓国の人は肉の食べ方が上手だな、と思いました。必ず沢山の野菜と一緒に食べるしね。ただ、前回行った時に、焼き肉屋に入ったんですが、最近の若い人たちの間で、ソースや、きな粉につけて食べるのがはやってました。これはあまりいただけなかった(笑)

ライブ楽しかったですか!そう言ってもらえてほっとしました。プレはGAPCツアーも一緒にまわったりして、もともと大好きな同年代のバンドだったので。

韓国日記もまだ続くはずです(笑)

では、ノーナでお待ちしてます!
頑張りますよ、お楽しみに。


投稿: ちが | 2006/05/07 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全州への道のり(韓国にて、その2):

« アートな街とはどんな所か(韓国にて、その1) | トップページ | 肉か米か(韓国にて、その3) »