« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

さて、大晦日だが、

ノーナもhitomiちゃんのツアーも無事楽しく終えることができたので、
痛い骨の話しはこれぐらいにしときます。

そんなちょっとほっとしてた矢先、
もうあとはのんびり年越しだ〜、と思ってた28日朝、
田舎の祖母が亡くなりました。

家族に愛され、老衰で92歳の天寿をまっとうし、
皆に見送られた祖母はきっと幸せだったと思います。
祖母の最後の粋なはからいで親戚じゅうが年末に集合し、
久しぶりに顔を合わせました。
本葬が終わって納骨に向かうマイクロバスの中から見えた
雪の浅間は今年見た風景の一番でした。

さて、来年はどんな年になるかね。
今から蕎麦食いに行ってきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/12/30

年末骨折顛末 

いつものことなんです、
家の中であっちこっちぶつけるなんて。
目が悪いせいなのか、はたまたたんなる阿呆なのか、
やはり家が狭いせいなのか、まあどれでもよろし。
どれもあたってる。

壁に左足の小指をぶつけました。
何度も言いますが、いつものことなので。

その日は久しぶりのアドバンテージ・ルーシーのライブ。
ちょっと足の痛みが気になりつつも家を出たその瞬間、
激痛が、、、背筋がぞぞっと、脂汗がダラダラ。
でも、きっとお産に比べればたいしたことないに違いない。
などど無理矢理気をまぎらわしつつ下北沢へ。
でもやっぱりただごとではない痛みがどんどん増してくる。
アイコさんに電話して、本番までには戻るのでってことで病院へ向かう。
足をひきずりひきずり一軒目の病院へ、
「今日は水曜だから整形お休みー」
なぬー!
というわけで軽いたらい回しにあいつつ二軒目へ。

レントゲンを撮ったらみごとに折れてた。
「なんで折れるほどの勢いで家ん中歩いてんの?」
わかりませんて。
「足の小指はね、栄養があんま行かないからなかなか付かないよ〜」
そんなこと言わないでよ、先生。

年内ライブの残りが5本あったので、靴は履けるようにしてもらった。
ささやかなプロこんじょうです。
というわけで、ルーシーのライブには間に合う。
およそ1時間のメニュー。
ステップを踏んだりは完全に無理だけど、
棒立ちならなんとかもった。

ルーシーのライブは本当に久しぶりだったのに、
みなさんごめんなさい。

さて、ヤマは続きます。
翌日は代々木でレコーディング。
機材の運搬というのはだいたいが、
自分一人でやるか、もしくは他人様に迷惑をかけてやるかのどちらかなわけで、
もう今回の場合迷惑かけつつやるしかないわけです。
といわけで家族に手伝ってもらいなんとか事なきをえました。
録音は椅子に座ってできるのでだいじょうぶ。

さあ、最大のヤマか?
ノーナのヒッピークリスマス。

続く、、、か?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/12/22

ヒッピ〜。

昨日はCooRieさんのレコーディング。
先週に引き続きドラム、宮田繁男さんとご一緒させていただきました。
フィリーソウルなおもむきのアレンジ。
宮田さんの気持ちいいグルーヴにおんぶにだっこで
楽しく演奏させていただきました♪
ありがとうございました〜♪


で、本日は
2006年のヒッピークリスマスが無事終了〜♪
今年も楽しかった。
10周年、さらに「free soul nona reeves」の発売もあって、
いつもとはちょいと趣向の違うライブだったんではないでしょうか。
お客さん達の楽しそうな表情がたっぷり見えました♪
イェ〜イ!
ヒッピーが終わるといよいよ年末な感じがしてきますね。

とはいえ、年内ライブはあと3本、
油断しないように頑張ります。
骨折中なので(笑)
詳しい骨折話はまた次回。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/12/17

ごぶさただ〜

お久しぶりにルーシーのライブで演奏しまっす♪
12/20 下北沢CLUB Que
足ひっぱらないように頑張ります!

お時間ある方は是非〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/13

CCなんちゃら

今日は昼から新宿某所にて
シンガーソングライターゆうまおさんのレコーディング。
アレンジ、ギターが菊谷知樹さん、
ピアノが大山泰輝さん、
ドラムが宮田繁男さん。
とても丁寧なアレンジでさらに素晴らしい演奏者の方々、
楽しいセッションもあっという間でした。


その足でキリンジのライブ観戦へ。
渋公がわけわからん名前のホールに変わっててびっくりした。
で、そのライブの方はというと、、、
言わずもがなであります。
もういちいちごたくを並べてもしょうがないので
ひとこと!
やっぱり素晴らしかった〜♪
見に行ってよかった!
いいライブを見ると元気が出るね。


明日明後日がノーナの大阪、福岡。
土曜がhitomiちゃんの名古屋。
はりきっていくぞ〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/12/08

今日はくだらないよ。

思い立ってユニクロにトランクスを買いに行った。
何故かというと、マハロにトランクスを食われてしまったからだ。
べつに他人様にお見せするわけではないのだが、
やぶけたパンツはやっぱりいやだからだ。

いろんな柄の中から、
好きなの2枚で990円みたいな感じである。
トランクスの柄なんてものは、
よほど高級なものでもなければ(そんなの履いたことないが)、
だいたいが千鳥格子(みたいなもの)か
タータンチェック(みたいなもの)と
相場が決まっていてあまり面白いという類のものでもない。

売り場の前に立ってみる。
さて、どれにしよう。随分とたくさんあるもんだ。
で、ざっと見渡したところ、
顔は通り過ぎたのに目だけがそこで止まった。
ん?ギターのようなベースのような形がいっぱいプリントされてる。
でもまあ普通こういう場合ギターだ。
ギターとベースの違いなんてほとんどの人には関係ない。
小生の親だって、息子がベーシストじゃなかったら、
きっとギターとベースの違いなぞ知らないままに違いない、
いや、今も知らないかもしれない。

などど一瞬のうちに考えながらよく見たら、
おお!神様。ベースじゃあないですか!
ペグが4つ。
で、こういう場合ふつうプレベとかジャズベをモチーフにするのが
まあ常識なんじゃないかと思うんだが、
テレキャスターベースなんですけど、、、
ボディーの形状、ピックガード、ピックアップの位置、、、

いい。
ベースパンツ。

くだらないのは重々承知だけれど、
「これ、おれ買ってもいいよな、ていうか在庫処分されそう」

お買いあげ〜。

正直、ベーシスト以外でこのトランクス買う人の理由がわからん。
勝負パンツ(ライブの日などにげんかつぎに着用するパンツのこと)
にしよっと。
はいてる姿をお見せできないのが残念だ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/07

あざぶにて


昨日は福士久美子さん、水政創史郎さん、外村公敏さんという
サイコーにいかしたロックな方々とのレコーディング。
ご存じの方にはたまらないちょーかっちょいい面々です。

そんなロッケンなひとたちがセーノでくりだす音達は
激しく優しく刺激的。
かっちょいいーぜ♪イェイ。

とても楽しいセッションでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/05

折り返し


hitomiちゃんのツアーも大阪、富山が終わり、折り返し地点。
どの会場もはんぱじゃない盛り上がり。
ヒジョーに楽しんで演奏してまっす♪
やっぱhitomiちゃんのお客さん達だね〜!
エネルギーがすごいっす。


で、富山帰りの飛行機で偶然、ピアニストの鹿島さんに会ってびっくり。
なんでかっつーと、
鹿島さん、つい先日リリースされた松浦亜弥ちゃんのアルバムの録音で
ご一緒させてもらいました。歌心溢れる美しいピアノが堪能できます♪
この録音はまじすごかった。。。
たしか、一日で12曲くらい(正確に覚えてない)録ったような。
DVDがほとんどそのドキュメンタリーみたいなもんですが、
アンプをはじめ楽器隊は全員ブースから出され、
亜弥ちゃんはヘッドフォンではなく、足下のモニターと生音で歌ってます。
だから音はかぶりまくりで演奏の直しができませんがな。
ところがすごい緊張がいつの間にやら
気持ちのいい集中力に、不思議なもんですわ、音楽って。
今どき珍しくクリックも使ってないので、
演奏が歌にあおられ、気持ちよく揺れて生々しいことこの上ないです。
合奏の楽しさを再確認した次第。


ところで、年末恒例、
Nona Reeves HiPPY CHRiSTMAS 2006のリハーサルも始まりました。
近々10周年記念アルバム「free soul nona reeves」もリリース。
今年のヒッピーも気合い入ってます♪
お時間ある方は是非!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »