« 猫も食わない? | トップページ | あ、さて »

2008/04/23

家に帰るのは大変

昨日は名古屋で日帰りライブでした。
ライブが終わり、名古屋駅に着くと
改札がなんだか物騒な空気に包まれていました。
ニュースにもなっていた例の事故です。
現場検証が続いているようで、再開のめどもなかなか立たず数時間足止め。

とりあえず、名古屋駅に停車中の列車に乗り、ボーっとする。
こんな時でも車内販売は普通に廻ってくるのね。
売り上げは伸びるのだろうか?
横を通る度に、「ビール下さい、ただで。」と言いたくなる。
くれ〜。

まあ、事故そのものはJRのせいではないけれど、
時速200km以上出てる時にドアが開けられる構造ってのは
はたしていかがなものかと思う。
どんなに非常時でも時速200km以上出てる時に脱出は無理です。
世界の新幹線なんだからお願いします。

うら若いOLさんのグループが「小田原で降りて泊まろうよ〜」
などと盛り上がっていたが、のぞみは小田原止まりません。

中学生の頃、自分が鉄ちゃんだったことを急に思い出した。
休みの度に青春18キップで鈍行の旅に行ってた。
当時は平気で駅舎で寝泊まりさせてくれてたなぁ。
ぼくは車体には全く興味が無くて、モハだのキハだの全然わからんかった。
何に興味があったかっつうと、時刻表。
細かな数字がびっしり詰まった分厚い大判の時刻表がロマンだった。
せわしない世の中になったなぁ、などと言い出すと、
紋切り型のおやじのぼやきみたいで好くないけど、
自分が2、3時間の遅れに一喜一憂するような
生活になってしまったことだけは確かだ。
そんな時でも、せめて丹田低く落ち着いていられるようになりたいもんです。


11時過ぎにやっと運転再開。
3時間程の遅延で東京駅に午前1時過ぎに到着。
山の手線も京浜東北線も待っててはくれないのね。
寂しいわ。
東京駅の駅前タクシー乗り場は見たことのない長蛇の列。
完全に帰宅難民だ。
信じがたい台数のタクシーが東京駅前にぞくぞくと集結。
関東一円のタクシーが全部来てるんじゃないかと思ったほど。
そらもう壮観でしたわ。

ひー疲れた。

|

« 猫も食わない? | トップページ | あ、さて »

コメント

お疲れさまでした。
僕もその昔、14時に九州の小倉から乗って東京に着いたのが
26時と言う事がありました。同じく山手線も待ってくれず・・
その時は明石での架線事故だったんですけどね、

などと書きつつも先日の蕎麦つゆ天つゆの日記を読み、唸っております。
実は似たような事を最近経験しまして...(苦笑)

投稿: taka | 2008/04/24 09:24

taka さん

うわ〜、小倉から12時間はほぼ車移動ですね。
それに比べたらまだ全然ましでした。

やはり!実生活で実感するのって、
よっぽどな状況ですよね。

投稿: ちが | 2008/04/24 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家に帰るのは大変:

« 猫も食わない? | トップページ | あ、さて »