« ライブ終わって。 | トップページ | 新潟ライブ »

2008/09/29

パン

玄さん、土生さん、大野さんで組まれている、
サンシャイン・ラブ・スティール・オーケストラという
すんばらしいバンド主催のスティールパンワークショップに
ヨメさん連れだって行ってきた。

玄さんの素敵なパンのプレイを以前から幾度も目の当たりにして、
いつか必ずや!と思っていたのだ。
実はかのジャコのソロアルバムにも素晴らしいパンのアルバムがある。
それを聞いてベースを練習せずに何故かパンに向かっているのが
我ながら不思議かつ情けない。いや、情けなくなんかない。
どっちでもいいや。

そんなわけで、
ぼくはトリプルチェロパンという中低域担当のパンを
大野さんに教えていただいた。
ベースやトロンボーンに音域や役割が近いせいか
親近感もあって不思議なくらい全く抵抗が無い。
楽しみにしていただけにパンの前に立つと吸い込まれるようにマレットが動く。
ポ〜ンといち音鳴らしただけでなんと気持ちの良いこと!
なんと気持ちの良いこと!

一時間半後の参加者全員での合奏めざしてレッスン開始。

師匠の大野さん(最初に手ほどきしていただいたので
師匠と呼ばせて頂きます♪)は
もちろんベーシストなのでぼくが理解しやすいツボを
的確に教えてくだすって感謝感激。
音の配列の仕組みを聞いてまたまた感動。
実によくできてる。
楽器ってそれぞれの構造で決まる音階配列によって
演奏する際の思考回路が違うと思うのだが、
(さらには同じ楽器であっても人によって、
たとえ同じように上手な人同士でも違ってくると思う)
だからこそ今まで演奏したことのない楽器に触れると
これまで使ったことのない回路が開くようでとっても面白い。
でもどんなに頭で理解してもやはり楽器は
身体でもって体得するものという大事なことも再確認。
ようするに練習はせにゃならんちゅうことですね(笑)

さて必死にやったかいあって、
合奏は大野さんのサポートを受けつつもなんとか無事終了。

それにしても、もともと石油会社が捨てていった廃棄物から
こんな素敵な音色の楽器を作ってしまう
トリニダードの人々のポジティブさが格好良くて仕方がない。

ほんと〜に楽しかった。
熱が冷めないうちに継続して練習したいと、
いろいろ思いを巡らせ中。

師匠!
よろしくお願いします♪

|

« ライブ終わって。 | トップページ | 新潟ライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パン:

« ライブ終わって。 | トップページ | 新潟ライブ »