« ここは名古屋か下北か | トップページ | 明日 »

2009/12/24

クリスマスによせて

亜弥ちゃんと姿月さんのディナーショーが終わりました。
ディナーショーって普通のライブとはまた違った緊張感があって好きです。

亜弥ちゃんバンドはほぼ2年ぶりくらいの参加だったので、
久しぶりに演奏できるあんな曲こんな曲って感じで、
亜弥ちゃんはじめ、久々のメンバーやスタッフと楽しい時間でした。
彼女のユーモアと気迫のパフォーマンスも変わらず健在でした。

はじめてご一緒させていただいた
姿月あさとさんのディナーショーも無事おわりました。
演奏しがいのある難曲ばかりで大変だけど面白かったです。
途中、あまり体験したことのない不測の事態などもあったのですが、
その後の対応や最後まで集中力を切らさない
姿月さんの強さと貫禄に感服しました。芸歴長い方は違います。
後ろで楽器弾いてるワシが動揺してちゃいかんよね。
ところで、すんご〜い衣装の姿月さんと
記念写真とってもらおうと思ってたんだけど忘れてしまった。

さて今年はディナーショーがあったおかげで、
クリスマスソングをえらい沢山演奏しました。
残念ながら毎年やってたワムは演奏できませんでしたが。
で、クリスマスソングをいろいろ聞き直してみると
これがなかなかに面白い。
大きく分けっと、
神賛美系、家族愛系、おもしろ系、教育系なんかに分けられそう。
「赤鼻のトナカイ」は個性を重んじろって歌だあね。
訳もなかなか凄いのがある。
「Joy to the World」が「諸人こぞりて」なんて、
文学的で情緒があって、素晴らし過ぎて超訳としか言いようがない。
世界中がこぞって喜ぶってことでしょ。
誰がいつ訳したんだ。


今日、娘の乳母車をかあちゃんと押しながら、
横断歩道で赤信号を待っている時に、
「ジングルベル」のAメロの歌詞って何だっけ?
という話しになった。
気になって、つい「鈴が鳴る〜」などと声に出して歌っていたら、
隣で信号待ちしていた親子(母&3才くらい女児)に伝染して、
一緒に道端で大声で歌ってしまった。
イブじゃなかったらこいつらどうかしてるっていう絵だ。

|

« ここは名古屋か下北か | トップページ | 明日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87268/47102915

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスによせて:

« ここは名古屋か下北か | トップページ | 明日 »