« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/28

三月号

一年間続いたベースマガジンの連載も
三月号で無事終わりホッとしました。
ちょっとでも役に立ったと思ってくれたひとが
ひとりでもいたらそれでいいです。
毎月いろいろ調べているうちに
いちばん勉強になったのはたぶん自分ですから。

締め切りのある生活というのを経験したことがなかったので、
毎月新鮮かつ恐ろしかったです。
原稿を催促してるほうは、さぞかしもっと恐ろしいことでしょう。
図々しくて頑固で適当なワシにお付き合いくだすった
編集の伊藤君には感謝してますが、
あいつはもう勘弁してくれなどと、思われていないことを祈ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/27

監督祭り

無事にヤノフェスも終わりまして、
いまやめったに行かない朝まで打ち上げにも行ってしまった。
矢野さんの人柄とポップスへの愛情が垣間見えた本当に楽しいイベントでした。

考えてみたら、矢野さんやノーナのみんなとは20年近い付き合いか。
生まれた子が高校卒業しちゃう年月だ。
そんな友人と一緒に今も演奏できるってことだけで幸せなもんです。
というわけで、この数日はすっかりサークルの後輩に戻ってしまった。

個人的には、ついにエレベを一曲も弾かないという、
図々しくも画期的なライブでありました。
しばらくコンバスを弾いた後にまたエレベに戻ると、
これがまた非常に面白いのです。

ところで、話題のフィギュア。
もちろんオリンピックレベルの人達は、
そもそもが並の次元じゃぁないんだけど、
やはり技術力と表現力のバランスって難しいんだな〜と思いました。
びっくりさせるんじゃなくて感動させろってことなんでしょうか。
でも技術の高さに感動することだってあるし、
やっぱ難しい。
こりゃもう演者や指導者の価値観の問題になってくるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/22

明日は渋谷

明日はヤノフェス。
楽しいイベントになること間違いなし。
だってすでにリハが楽しい。
Sunshine Love Steel Orchestraにも
少々参加します。

ぜひぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/18

乳離れしてもひげ離れはしないでくれ。

10ヶ月の娘に頬ずりをすると、
これ以上ないくらいの表情で嫌がられる。
ヒゲがいたいらしい。
そりゃそうか。
なのに何が面白いのか、
ヒゲを触りながらケタケタ笑ったり、
片手でヒゲを触りながら
すやすや寝たりしている。
おっぱいでそういった話しはよく聞くけど。
こんなヒゲでもちょっとは役に立ってるんだったら、
おとうちゃんとしてはとても嬉しい。
ヒゲ剃る予定ないし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/12

吉祥寺にて

久しぶりのバンド編成の朝日さんライブ、
とても楽しかった。
朝日さんの曲は音数が少ないのでドキドキする。
リラックスしてるのに緊張感があって、
演奏していてとても楽しい。

共演のHARCOとイノトモさんも素晴らしかった。
HARCOのポップなのにちょっとひねくれた感じは
トッド・ラングレンぽくて格好良いなぁと思う。
イノトモさんは声が消える瞬間まで耳を澄まして聞いてしまう
素敵な声だ。
コロッケの歌が聞けて嬉しかった。
というわけで、お客としてもとても楽しめた。


次は23日、久々のグラノーラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/10

無題

明日は吉祥寺、Star Pine's Cafeで演奏します。

小さい音量で演奏できると、
細かなニュアンスまで感じながら弾けて、
演奏が大味にならないのでとても好きです。
そうすると弦に指が当たる感じや擦れる感じまで、
なんだか音楽の一部になるような気がします。
気がしてるだけかもしれないけど。
でもそれは、会場や、やる音楽、一緒に演奏する人など
いろんな条件も関係するので、
自分ひとりでどうこうできることでもありません。

明日はなんかそんな感じになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

珍しく弾かない仕事のこと。

昨年の10月から断続的に続いていた
バンドのプロデュース作業がひと段落。
ベースを全く弾かないというのに全然慣れていないもんだから
自分が仕事してんだかしていないんだかなんだか不安になる。
ベースを持たない小生なんて
バット持たずにバッターボックス立ってるようなもんだと
自分では思ってたから。
ちょっと違う?
とはいえ、メンバーとプリプロからマスタリングまで、
はたまた曲順まであーだこーだはとても楽しかった。
あと楽器が無いもんだからスタジオへの行き帰りの
荷物が少ないのが楽でいいね。

できる限りメンバーのやりたいことが
そのままより良い形でアウトプットされるように心掛けた。
自分の価値観や好みが必要以上に反映されないように、
あくまで手助けとして頑張りました。
発売はたぶん五月頃。


「アオイハル」というバンド。歌ものロックです。
http://www.aoiharu.jp/pc/top.html
ライブもどんどんいい感じになってきてますので、
機会があったら是非お聞き下さい。
頑張ってます。


明日はベース担いで吉祥寺。
いつもの感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »