« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/23

ひつじ博士

うちの近所にこども動物園がある。
歩いて5分くらいのところ。
公園の一角を動物園として使っていて、
名前から想像できるとおり、
いるのはヤギ、ヒツジ、ポニー、
あとはうさぎや小鳥。
もちろんパンダやライオンなんてどこにもいないわけだが、
それでも近所で動物と触れ合えるとはなんて素晴らしい。

ずっと行きたかったのだが、娘が生まれる前は、
おっさんひとりで入るのもはばかられて遠慮していた。
だから娘ができて大手を振って毎週通っている。
こどもに感謝しないといけない。
こどもそっちのけでポニーの鼻の下をさわらせてもらっている。
(ぷにぷにでとても気持ちが良いのだ)

ひとつ気になることといえば、
絵本で見たり保育園で教わってくるのか、
娘はゾウが大好きで、
よく手を鼻にみたててぶらぶらさせて真似をする。
本物のゾウはまだ一度も見たこと無いので、
見たらさぞかしびっくりするだろう。
一歳にして知識先行だから、
実はあんなにデカイということは露程も知らないというのが悩ましい。
おとうちゃんとしては、やはり知識ばかりでは
子供にとってよくないとか心配するもので、
はやいところ本格的な動物園にも連れて行ってやりたいのだが、
なんだか腰が重く、結局今週もまたこども動物園に行ってしまうのである。

こんな調子で毎週のように通っていたら、
そのうち娘がひつじ博士になれるかもしれない、
と思うのは親ばかじゃなくて、
ただのバカな親か。

写真は、むすめヤギに言い寄られるの図


Photo_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/17

変わる街

HMV渋谷店が閉店だそうですね。
HMVの顔みたいな店舗だったからちょっとびっくりです。
HMVができる前ってあそこなんだったっけ。
覚えてる人いますか?
12、3のころからあのへんプラプラしてたけどもう全然記憶にない。

先日西新宿でライブだった時も、
本番前に会場の近所をあるっていて、
そういえば、昔はこのあたりレコード街だったな、なんて思い出しました。
いまはそんな面影全く無くなってます。
当時新宿ロフトがあの辺りにあったからでしょうか。
音楽文化の発信地だったんですね。
その後大型店舗全盛の時代がきて、
気がつけばその時代ももう終わりなのかしら。
まあでもまた何か次が来ますよ。ヤマダ電機?
なんだか知らないけど。
そういう繰り返しだから。

そうやって街は変わっていくんだなと、
実家が店をたたんだときも感じました。
というかそうやって気持ちの整理をしました。
規模は随分と違うけど。
って違いすぎるわ。


というわけで、曽我部さん主催のイベント
8/19 「HMV渋谷 おつかれサマーフェス」入場無料
に青山陽一さんで出ます。
一日中ライブらしいです。
すごい盛り上がりそうですね。
ノーナも出るみたい。
見られるかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/13

今日はだらだらな日記なので無理に読まんでもいいです

突如カメラに興味がわいております。
子どもできたからでしょうと言われそうですが、
そういうわけでもないんです。
確かに安いデジカメで子どもを撮ってたら、
あまりのしょぼさになんともたまらん気持ちになってきた、
ってのがキッカケではあったのですが、
電気屋で山のようにカタログをもらってきて、
家で眺めているうちにカメラ本体にドンドン興味がわいてきました。
でもってそのカメラで撮影された作品をネットで鑑賞するのです。
これがまた面白い。
作品を見ているとメーカーやモデルによって持ち主の感性にも
なんだか傾向があるような気がする。
どんな色合いで撮れるかってのももちろん大事だけど、
カメラ本体のデザインにも持ち主の価値観が表れますよね。
コレと一緒にお出かけしたい、という欲求の表れですから、
すなわち自分がどう見られたいと思っているかの表れですわな。
怖いです。
怖いけど気にしてたらいつまで経ってもカメラ買えない。

コンパクトはいかんと思い込んでいたので、
「一眼、一眼、イチガン、いちがん」
と阿呆のようにつぶやいていたのですが、
やはり旅にも持って行きたいから、
そんなバカでかいのは困る。
近頃評判の小型の一眼的なものも魅力的に映るが、
色の感じが気になる。
なんかこう、フィルムの時はあったあの”写真”って感じがないなぁ、
なんて写真のことなんてろくすっぽ知らないくせに、
ぐじゃぐじゃ考えるわけです。
で、10回くらい紆余曲折して
今はRICOHのGRに惹かれています。
全然一眼じゃない。
また変わるかもしれないけど。
なのでもうしばらくはカタログと他人さまの作品で
興奮していようと思います。

今週来週はずっと家にこもって原稿書き。
既にちょっと腰が痛くなってきました。
早くお気に入りのカメラ持ってお出かけしたいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/09

お別れ会

先日亡くなったミュージシャンの友人biceのお別れ会があった。

いつも忘れた頃に電話がかかってきて、
彼女の近況を聞かされ、
あ、でんわきちゃったから、またね〜、と。
その時は、おいおい〜って言ってたけど、
そんなことももう無いのかと思うと、
とても悲しい。
久しぶりのリリースが決まった時も、
結婚パーティーの連絡をくれた時も嬉しそうだったなぁ。
元からかなりの美人だけど結婚してもっと美人になってた。

繊細さと頑固さと大胆さと大雑把さまでをも持ち合わせた、
才能豊かな面白いアーティストだった。
とりわけ思い出すのは彼女は自分の表現したい世界観が
非常にはっきりしていたということ。
随分前の話しになるけど、biceプロデュースの録音に呼んでもらった時の話。
アーティストは男女二人組のユニット「みなを」。
biceはスタジオに到着した僕の前に譜面ではなく、
パソコンのモニターをドンっと置いて、これ見て弾いて!と言った。
そんなことあれから10年近く経ってるけどいまだに無い。
曲の進行に合わせてモニターに映るオタマジャクシが移動していくのだが、
当時はパソコンの性能もまだまだだったから、
カクカク動いてとても落ち着いて弾けやしない。
苦戦しながらなんとか弾いたその曲を久しぶりに聞いた。
biceに言われるがままに弾いたベースラインは
とてもじゃないが僕の頭の中からは出てこないような
美しいベースラインであらためて驚いた。

ちょっとしたことをもうひとつ。
当時、青山陽一さんと同じレコード会社に所属だったbiceに図々しく頼んで
ファンだったBM'sのライブに入れてもらったことがある。
たぶんbiceは見たいわけでも何でもなかったと思う。(ここ笑うところ)
自分がその後BM'sに参加するなんて夢にも思ってなかったけど。
ありがとう。

また忘れた頃に電話がくるんじゃないかと
今だに思ってしまう。


ご冥福をお祈りします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/08/02

西新宿にて

BM'sのライブが無事終了。
いんや〜ほんとに楽しかった。
久しぶりの嬉しさから前半は興奮が抑えきれんかったです。
思いかえすとちょっと恥ずかしいわ。
後半はなんとか落ち着いて演奏できたような気がする。
気がしてるだけかもしれないけど。

それにしてもこんなに夢中になって演奏したのも久しぶり。
久しぶりに誘っていただいた青山さんに感謝。
中原さんのドラムもさらに磨きがかかっていて、
たくさん助けてもらいました。しぇしぇ。

ニューベリーとてもいいお店でした。
なぜだかそこの音が既にロックな匂いを持ってるといいますか。
不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »