« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/26

雑記

クリスマスイヴ。
お昼にちょっとした打ち合わせをした後、
ケーキを3つ買って帰りました。
娘はまだ一歳なので大きなクリスマスケーキはやめました。
ショートケーキと栗のタルトとクラシックショコラ。
買いながら気がついたのですが
ケーキを買うというなんでもない行為が
自分にとって今までとまるで意味が違うことに驚きました。
自分の父親もこんな気持でクリスマスケーキを
買って帰ってきてたんだなぁと。

ケーキをほおばる娘の笑顔を見ていると、
いま頭の中で「楽しい物質」がどんどん分泌されているのが
よくわかります。
幼いうちに沢山の「楽しい物質」を出させてあげるのが
親の仕事なのでしょう。


話かわって、
渋谷のヤマハが閉店しましたね。
自分は中学高校が池尻だったので
ブラバンの仲間と放課後、頻繁に立ち寄っていた思い出の場所です。
沢山の綺麗な楽器、目が回るほどの譜面の数々。
ぴしっとした店員。
安売りの無い店でしたが、
後にどんどん進出してくる
ロック小僧向けの店とはひと味違う場所でした。
その後自分もロック小僧になって足が向かなくなるのですが。
でもやっぱりああいう老若男女が入れる楽器屋、
大事だと思うんだけどなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/23

アンパンとマン

娘は数日前に保育園でクリスマスパーティーがあり、
サンタさんとの初対面も済ませ、
既にクリスマス慣れしている様子。
街を歩いているといたるところにいるサンタを
「このひと知ってる知ってる!」と言わんばかりに指さしてます。
人を指さしちゃいかんと教えたいところですが、
相手がサンタだとちょっと迷いますね。
別にいいのかなぁと。


ということで、じいちゃんばあちゃんからも
娘にクリスマスプレゼントが送られてきました。

1歳8ヶ月ともなると自分に来たっていうのも
なんとなくわかるらしく、
夕飯の途中で玄関のハコを持ってきて、
開けろ!開けろ!の「あー!あー!」です。

ところで、
情報の少ない我が家ではアンパンマンに触れたことは無いはずなのですが、
さすが保育園生活の成果かもう既に知っています。
アンパンマンはどこにでもいます。
病院の診察室にまでいますから最初に知るアイドルのひとりでしょうか。
ポケモンはまだ知らないようです。
ポケモン知られたら親は大変ですね。
あれはきりがないです。

で、話を戻しますと、
そのプレゼントにアンパンマンのぬいぐるみが入っていました。
少し前まで病院の壁に張り付いたアンパンマンを指さして
「あー!あー!」と言っていたので油断していたのですが、
突如そのぬいぐるみを指さして
「アンパン!アンパン!アンパン!」と叫びました。
言葉を喋った娘の自慢話ではありません。
アンパン呼ばわりされたアンパンマンの話です。
「マン」が無いだけでえらく地位が下がった感じがします。
試しに言ってみてください。


結局プレゼントは大喜び。
家はおもちゃだらけ。
風呂につかりながら娘に
「一緒に遊んであげるから
あとでお父ちゃんにもおもちゃ貸してよ」
と頼んだら、かなり渋々
「あん。」
と頷いてました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/20

古都の旅

京都、金沢をまわってきました。
キリンジツアーも年内はこれがライブ納めということで
いちだんと気合の入った二日間でした。

ライブに関しては楽しくって楽しくって、
もうあれやこれや細かいこと書くのもなんだかなぁ
という感じなのです。
後ろで弾きながら歌に包まれる感覚がもうたまりまへん。
恥ずかしながら気持ちの高ぶりが抑えきれませんです、はい。

たまには写真でも載せますか。
京都磔磔でのリハ中。
楽屋の方から客席のほうを見るとこんな感じ。
1

余談。
偶然なんですが、行きしな読んでいた本の中で
小朝師匠が、
京都と金沢でやる時はお客に鑑賞するぞって姿勢が強いからちょっと身構える、
みたいな事を言っていて、
おいっ!今からそこ行くんですけど!ってちょっと身構えてしまった。
すぐ忘れちゃったけど。

ひとまず年内のぶんが無事に終了してほっとしました。
どこも素晴らしいお客さんたちで感謝してます。
残りがどんどん減ってってるのが既にちょいとさびしいんですが
年明け残りの6本がとても楽しみです、頑張ります。


もいっこ余談。
今月発売のベースマガジンていう雑誌の後ろの方に
今回のツアーで使ってる機材関係がのってます。
いかにこだわり無いかがすっかりバレちゃってます。
演奏は機材二割、気持ち八割って今だに思ってますから。
編集のI君には、「最近見ないくらいオールドスタイルですね」
と誉めてもらいました。
えっ!?誉めてない?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/12/15

珍しくひとの宣伝など

地元の十条駅前にcinecafe sotoという馴染みのかふぇーがあります。
ここちょっと変わったかふぇーで、名前のとおり映画を上映するかふぇーです。
しかも35mmで。これすごいんですよ、まじで。
地下の小さなお店なんですが奥に巨大な映写機が鎮座してます。
さらに料理とビールもと〜っても旨いです。

そんなcinecafe sotoで今週末18日(土)に
遠藤賢司さんの映画「不滅の男」の上映会があります。
残念ながら自分はライブで金沢なので行かれないのですが。
なんとエンケンさんのミニライブとトークもあるそうで、
まじで!行きたかったぁ。
http://www.cinecafesoto.com/

よかったら是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/14

週末のこと

ライブが続きました。

まず嶌岡大祐くんの中目黒楽屋。
一緒にライブで演奏するのは二回目。
だいぶバンドの息も合ってきて楽しんで演奏できました。
嶌岡くん主催のイベントとあって彼の人柄が出た楽しいライブでした。

そしてキリンジの宇都宮、仙台。
ひと月以上前に移動の途中で仙台の同じホテルに泊まった記憶が
デジャヴのようでなんとも不思議な感じでした。
ツアー中盤とあって、疲労するのは人だけではなく機材や楽器も一緒。
機材のハプニングなどが少々あったのですが、
沢山の移動に付き合いながらツアーを一緒にまわって
キリンジの素晴らしい音楽を一緒に作ってくれている楽器や機材達にも
あらためて感謝です。そしてそんな状況も乗りきるチームワーク。
素敵で楽しい男所帯です。

それから、the Indigoの10周年をお祝いするレコ発ライブ。
めでたいライブに参加させてもらえて光栄です。
気心知れたメンバーでとても楽しかったです。


今週末は京都、金沢と古都巡り。
ツアー、年内はこれで締めくくりです。
頑張ります♪

あ、あと来週はクリスマスですね。
サンタになってヒゲ付けてもバレてしまいそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/05

浜松と長野

行ってきました。

浜松ということで、メンバーのみなさんよりひと足先に向かい、
お世話になってるYAMAHAのスタッフと現地で待ち合わせ、
念願の楽器博物館に行ったりYAMAHAの工場に遊びに行ってから
会場の窓枠に入りました。

あれだけ大量の楽器を前にすると訳も無く興奮します。
まず入り口入ってすぐのガムランが壮観。
それから19世紀のバンジョーもわくわくです。
馬頭琴の前にはスーホーの白い馬の絵本が一緒に置いてありました。
ヨーロッパの古い弦楽器も沢山あって面白かった。
びっくりしたのは表版だけで胴のハコが無い、今でいうサイレントバイオリンが
18、9(忘れてしまった!)世紀にはあったってこと。
当時は今よりよっぽど街中静かだっただろうから、
変な練習してたら隣近所から苦情があったのかもね。
人間が考えることなんてあまり変わってない。
あと初期の国産ピアノやオルガン。
アップライトピアノの左右にロウソクの燭台が付いてるの。
洒落てたわ。

なんだか観光ばかりしてるようですが、
まあ、たしかにそうなんですが、、、
もちろんライブも楽しく頑張ってます♪

浜松から移動し、一旦名古屋泊。
翌日の名古屋から長野へ中央本線、篠ノ井線、信越本線を経由して向かう
特急しなのの旅は元鉄ヲタのわしにはたまらないものでした。
とりわけ篠ノ井線は子供の頃から大好きなのです。
ちなみに鉄ヲタといっても車両派ではありません、時刻表フェチです。

というわけで、楽器と鉄道、
そして楽しいライブで大満足の二日間でありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »