« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/26

三の酉

数年ぶりに酉の市に行った。
やっと古い熊手を奉納できてすっきりした。

三の酉とあってさすがの盛り上がりっぷりだった。

でかい熊手が並ぶと壮観でした。
Img_0677


熊手屋の提灯が格好良かった。
Img_0678_2

もちろん熊手は買いましたが、
ちっちゃくてかわいいやつです。
小さくて自慢にもならないので写真は無し。

しかし近頃の屋台というのは
ちょっとしたレストラン並の豊富さと豪華さですね。

ちなみに娘は終始おったまげた表情で
迫力の熊手を黙って見上げてました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/25

ゆうべ

そんなたいそうなことではないけど、
ちょっと面白いことがあった。

夕飯を食っていたら、突然二歳半の娘が
「とうちゃんあっち!あっち!自分のお部屋!」
と言ってワシの部屋を指さす。
びっくりして「えっ!とうちゃんあっちいくの?」
と聞くと「うん」と言う。
「ご飯食べてんだよ!」と言っても
「あっち!」
めし食ってる途中ですよ。
軽くショックを受けながらも、
何でそんなことを急に言ったのだろうか、
という疑問もある。
子どもは基本、とうか間違いなく悪意はないから、
ますます理由が知りたいというもの。
何か要求があるってだけだろう。
新しい遊びを考え出したのかもしれない。

どんな対応が教育的なのかなんて知らないし興味ないので、
ここはひとまず言われた通りにしてみることにした。
残りの飯をささっと食って自分の部屋に引き上げた。
この時なんとなく困った表情をしていたような気もする。
今思えば。
まあやることもあったのでこちょこちょ作業してる間に
娘は寝てしまった。
自分も軽く打ちひしがれたまま寝た。

で、今日。
保育園に迎えに行き、
帰り道手をつないで歩きながら、
「昨日はなんであっち行ってって言ったの?」
と、なんとはなしに聞いてみた。
そしたら急に真顔で
「ちがうの、ちがうの。」
と何度も言うのだ。
でもやっぱり上手く理由は説明できないようだったので
「そっか、違うんだ。」
といったら、
嬉しそうに「うん」
と頷いたので、それでもうやめにした。

自分の対応が良かったのかどうかはわからないが、
お互いの誤解は解けたような気がするから
とりあえずいいんじゃないかと思うが、
結局何を欲していたのかは解らずじまいだ。

子どもは子どもでいろいろ大変そうだ。
言いたいことや要求はハッキリしてきているのに
まだ上手く言葉にできないお年頃なんだろうけど、
そんなこと大人になってもいくらでもあるから
覚悟しといてもらいましょう。

鹿にタッチ!(内容とは何ら関係ありません)
Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/07

せっかく

新しいカメラを買ったのでバシャバシャ撮りました。
少しづつでも上達したいもんです。
どうしたってライブの写真はありませんよ。
ライブ中は自分演奏してますので。

初日は梅田のムジカジャポニカ。
つい一週間位前にキリンジで来たところのすぐ近所だったので
なんだか不思議な感じでした。
お店の方はというとなかなかいやらしい感じの店内が素敵でしたが、
楽屋は田舎の親戚ンちみたいでした。
Img_0122_2

楽屋でエアギターを楽しむ青山さんをこっそり。
Img_0137_2

二日目は京都のSole Cafe
とってもアットホームでおしゃれな店でした。
ご存知グランドファーザーズの西村さんが遊びに来てくだすって、
たくさんお喋りして楽しかった。
終演後のご馳走を前に向い合って携帯をいじくる竹馬のおじさんおふたり。
早く食べましょうよ。
Img_0185_2

翌日は午前中時間があったのでひとりで散策。
ぽんと町を「先斗」と書くことを知らなかったという
恥ずかしい事実がこの後名古屋で発覚するのですが、
まあまだ遊びに縁のない子どもということで。
腕のほうもまだまだと分かっていても京都はシャッター切りたくなる路地だらけ。
Img_0206_2

名古屋は新栄のパルル。
店内の本や調度品が何とも雑然としているのですが、
それがまた妙に良い味を出している面白い店でした。
ライブはこんな感じでやってました。
コーラスも自ら押し売りして青山さんに迷惑かけつつ楽しみました。
Img_0213_2


デュオ編成での演奏の醍醐味を知ってしまった
本当に得難い三日間でした。
これはやめられそうにありません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »